薄毛の原因についての考察

 女性の薄毛も得意な大宮の医院に教えてもらいました。「薄毛」の原因として、考えられることとして、まず、大きく2つに分けられます。それは、「先天的なもの」と「後天的なもの」です。
 「先天的なもの」としては、「遺伝」や、生まれながらの「無毛症」、「乏毛症」、「欠毛症」といった「病気」が挙げられます。
 一方、「後天的なもの」としては、「ストレス」や「無関心」が挙げられます。
 「遺伝」や「病気」については、自分の力だけではどうすることもできず、医学の進歩や新たな治療方法を待つしかありません。しかし、「ストレス」や「無関心」は、自分の意識や生活環境、生活様式を変えるだけで、解消できる見込みがあります。
 「ストレス」については、さらに、その原因を見つけなけれなばりません。精神的な原因としては、家族関係、職場の人間関係、仕事内容の関係、もしかしたら、「抜け毛」そのものに対する危機意識もあるかもしれません。また、身体的な原因としては、サイズの小さい帽子の着脱のような直接的な頭部への圧迫(文字どおりのストレス)が考えられます。
 また、「無関心」については、「薄毛」や「抜け毛」に対する知識不足や、洗髪の回数不足、(使用するシャンプー等を含む)洗髪の方法の誤り、洗髪後のケア不足といったことが考えられます。