ストレスでの部分薄毛は発散と考えよう

この頃、仕事のストレスが原因で大阪市で薄毛になってしまいました。

気が付いた時には、髪の毛がゴッソリなくなっていたので、驚きましたが帽子を被る仕事なので、今の所は皆にはバレていません。

ですが、家庭に入ると頭の一部が薄くなっているのが公になってしまうので、プライベートの外食などには中々いけません。

そこで、考えたのがストレスを軽減することと、育毛剤を使い薄くなっている髪の毛に付けることです。

ストレスの軽減では、始めはカラオケでした。

ですが、この方法では金銭的に割に合わなくなってしまったので、今では月に一度の温泉旅行に出かけることにしています。

そうすると、仕事オンリーだった日常でしたが、楽しみが一つ増えることでストレスも軽減できるようになっています。

また、一部だけ髪が無くなってしまった所へは育毛剤を使い始めました。

今の所髪の毛が生えるという良い反応はありません。

ですが、育毛剤を使い髪の毛が生える期待を持つことで良い心持が出来ているのは事実です。

なので、気分的に薄くなってしまった頭皮を発見した時よりも仕事には集中出来ています。

また、最近になり発見したことがあるのです。

それが、育毛剤を使う時の時間帯です。

今までは、寝る前に付けていた育毛剤でしたが、朝起きると付けた場所がべた付くことがあり朝にお風呂に入る手間がかかっていたのです。

なので、出勤時間に間に合うように早く寝ていました。

しかし、朝に育毛剤を付ける様にしてからは、違うようになったのです。

それは自然にべた付くという具合です。

また、べた付いても帽子を被っているので気にならないべた付きなのです。

なので、今では朝に育毛剤を使って薄くなってしまった所に使っているのです。